立山黒部アルペンルート

世界有数の山岳観光ルート

立山黒部アルペンルート

3,000m級の山々を横断する世界有数の山岳観光ルートで、4月中旬から11月末まで開通。富山県と長野県をまたぐ約90kmを結び、1971年の完成以降、国内外から年間100万人が訪れています。日本一の落差を誇る称名滝や色とりどりの高山植物が咲く弥陀ヶ原高原、立山黒部アルペンルートの最高所で山岳リゾートの拠点である室堂、日本最大級の黒部ダムなど、たくさんの見どころがあります。とくに4月中旬から6月中旬まで出現する「雪の大谷」は必見。約20mの巨大な雪の壁の間を散策できる人気のスポットです。

アクセス 富山地方鉄道立山駅下車、徒歩約1分

近隣のスポット

黒部ダム

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

五箇山合掌造り

五箇山合掌造り

富山湾

富山湾

Copyright (C)Central Japan Tourism Promotion Association All Rights Reserved.