高山

美しい町並みと日本三大美祭

高山

“飛騨の小京都”とも称される高山は、出格子の連なる家々の軒下に用水が流れ、造り酒屋や商店が賑わいを見せる美しい街です。近世、商人町として発達した古い町並みが国の保存地区に指定されたおり、国内外から大勢の観光客を迎えています。春と秋の年2回行われる「高山祭」では、この古い町並みにも絢爛豪華な祭り屋台(山車)が繰り出し、お囃子や雅楽、獅子舞に先導されて一帯をまわります。日本三大美祭の一つにも数えられる伝統行事で、23基ある祭り屋台は、熟練が巧みに操る「からくり人形」や飛騨の匠によるみごとな彫刻、きらびやかな装飾が実に見事です。

アクセス JR高山本線高山駅下車、徒歩約12分

近隣のスポット

関ヶ原古戦場

養老の滝

関鍛冶伝承館

奥飛騨温泉郷

Copyright (C)Central Japan Tourism Promotion Association All Rights Reserved.